PENTAX K-7に物欲をそそられた


いやぁ、やってくれましたな。PENTAX。PanasonicのGH1を買おうとほぼ決心した4月だったけど、ひょんなことから実家が買ってしまって、いざとなったらそれ借りれるしと、再び何を買おうか迷っていた。そうなると結局、レンズ資産も活かせるしといことでCanonに落ち着きそうな気配が濃厚で、50DかX3と思案してたところ、このK-7だ。
視野率約100%、3.0型約92.1万ドット液晶モニター、マグネシウム合金外装、高精度77分割測光、電子水準器搭載。
HD動画撮影機能もついてる。HD動画は、GH1のほうが圧勝っぽい感じだけど、カメラとしての出来はCanon、Nikonの中堅機種にはひけをとっていない。というか、むしろスペック的には大部分で勝っている。Canonは50Dでも視野率が95%だし。

これはPENTAXもかなり賭けてきた感がある。相当なヒットになりそうだ。発売当初はなかなか手に入りにくくなるんじゃないかと思う。どこかで触れるところがないかな。フォーカスの速さとか、カメラを持ったときの感じとか、シャッター音とか、こういうのは触ってみないとわからないし、好き嫌いもあるから、どうしても触る前に予約して購入なんてとこに踏み込めない。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です