成功報酬型求人サイト「ジョブセンス」

今日の日経産業でとりあげらてた大学発VBリブセンスが運営するアルバイト情報サイト「ジョブセンス」。

求人広告の掲載料金は無料で、採用が決まった時点で料金が発生する成功報酬型モデル(採用あたり1万2千円~)。

採用決定時には、求職者にお祝い金2千円が支払われる。

採用コストとして支払われた成功報酬料金の一部が求職者に換金されるというモデル。

06年4月にサービスをスタートさせてから、「バイト」などのキーワードでのSEO対策に力を入れ、06年10月に現在の成功報酬型体系に切り替え、注目を集め、利用企業は500社に拡大。

07年12月期の売上高8000万円、経常利益は3000万円。

07年10月には日本語の求人情報を中国語に自動翻訳するシステムを開発。中国語版の求人サイトをたちあげた。

この手の成功報酬型のモデルは今はけっこうあるけど、問題は広告自体は獲得できても、いかにして求職者数を獲得するかにかかっている。この記事ではSEOに力を入れたとあるが、それだけではそうはいっても、激戦のアルバイト情報サイトだ、なかなか難しいのではないか。

ただ、「お祝い金」という制度を、バイトに特化したサイトでスタートさせたというのは、戦略上成功かもしれない。うちの会社でも求職・転職サイトを手がけていて、同じようなモデルを採用してはいるけれども、「お祝い金」がもらえるから会社を決めるという動機はやはり薄い。アルバイトに比べれば、正社員採用はやはり壁が高いというか、アルバイトよりは当然、求職者も慎重だろう。アルバイトなら、「お祝い金」というのは、求職者側にとっては、けっこう大きなメリットとして映る可能性は高い。

モデルの組み立てとターゲットの絞込みは重要だなぁといまさらながらに思った。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です