Amazon出品・出店サービスからの退会はとても難しい

Amazonphoto credit: Ben K Adams via photopin cc

Amazon出品・出店サービス(セラーセントラル)でとある商品を実験的に出品して販売をしていた。実験も終わったし毎月4900円がかかるのはツライのでそろそろ辞めようかと思って辞め方を探してみたのだが…、いくら調べても辞め方がわからない。
あのAmazonでそんなハズはあるまい。自分が何か見落としているに違いないだろうと思い当たるところを探しまわるも、辞め方がまったくわからない。

ヘルプにもよくある質問を見ても、検索で「退店」「中止」「販売停止」などのキーワードで検索しても、答えらしきものが掲載されているページはヒットしてこない。
唯一「商品を一時的に販売中止にする方法は?」というページは見つかったが、ここに記載されている「販売中止」方法をとっても「出品を休止している間も、月額の手数料の支払日には手数料を支払う必要があります。」ということだ。
ちなみに、「販売中止」の方法を記載しているヘルプページにはこのことについては一切言及されておらず、「出品ステータス」のところのヘルプに注として説明されている。
一次販売中止のQ&Aを見た人は、なんとなくこれで中止したら費用がかからなくなるように思ってしまわないだろうか。最初、ボクもそう思った。が、よく調べてみると違う。なぜ、一次販売中止のところに、一次販売中止しても月額手数料の支払いはある、ということを明記しないのだろうか。
そもそも「一次販売中止」についてのヘルプがあるなら、なぜ辞め方のヘルプが用意されていないのだ??
管理しているSKUを削除すればそれでいいのかどうかもわからない。
そのことについて何も記載がない。SKUの削除あたりを読んでみてもそうった記述はない。

これはもう問い合わせするしかないかと、ヘルプから「お問い合わせ」に行ってみた。

問い合わせのカテゴリを選ばなくてはならないので「出品用アカウントの設定」かなと思い、それを選ぶと、トピックが表示され、こちらの選択肢に「サービスのキャンセルおよび退会の手続き」があるではないか。こちらを選ぶと、「どのサービスをキャンセルまたは退会されますか?」という質問…. まさかとは思いつつ、退会理由を書いてサブミットした。

必要事項を記載して送信…これで退会できたのだろうか??
お問い合わせ履歴はすべて「ケース履歴」で閲覧できるのだが、そこのステイタスは「未解決」のままだ。うーむ。これ、このままほっとけば退会になるんだろうか。
さっぱりわからない。が、おそらく、「退会」は、このやり方なのだろう。

ここでわかったのは、Amazonセラーセントラルでは「退会」という言葉を使うということだ。念のため「退会」でヘルプページの検索をかけてみたが、該当ページは1ページもなかった。「退会」ってかなり重要なトピックだと思うんだが、なぜ、それについて一切触れられてないのかがさっぱりわからない。今まで出品した人で、退会した人はいないのだろうか?

このあたりの不親切さは何なのだろうか。Amazonよ、いくらなんでもひどすぎないか。
出品はあんなに易しいのに、退会でこれほどのハードルを設けるとは。さすがにこれには旗が立つ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>